So-net無料ブログ作成

年の終の金縛り。 [日記]

あと数時間で2009年が終わる。

今年も色々あったがその中でも最大のイベントは3日前に遭遇した「金縛り」だろう。

実は金縛りにあったのは初めてなのでそれなりに喜ばしい事になる筈だったのだが、その内容は全く笑えないものだったのである。

その日は身体が疲れていたので4時頃に「置いてある事を忘れて賞味期限が2カ月過ぎた栄養ドリンク」を飲み、外出後10時30分に帰宅。遅めのシャワーを浴び1時に就寝。目覚ましは9時にセットしていたし次の日はフリーだったので、疲れた身体を休めるべく何の気兼ねも無く寝られる筈だった。

が、しかし。

疲れている筈なのに夜中に突然意識が覚醒。部屋の暗さからまだ4-5時頃である事が分かり再び眠る。

その後の時勢は曖昧だが、少し後に意識が再び覚醒する。が目は開けていない。

そして上半身に謎の圧迫感を感じる。気のせいか、首にも圧迫感を感じていた。

多分誰かいる。というか明らかにいた。

鼻先10cm程に感じる「見知らぬ誰か」の顔。恐らく私の顔を覗き込んでいたのだろう。奇妙な事にこの時の私はベッドの斜め前上辺りからこの光景を見ており、半分夢のような感覚だった。

そして、ハッキリとは覚えていないが「次~の時は~してやる」というような事を女性の声色で言われその存在が消える。

その直後だった。

右耳から女性と男性の混じり合った低い声で「呪ってやる呪ってやる」と30回位お経の様につぶやれ、私は恐怖の余りに動こうとしたが身体は全く動かず。何とか抵抗しようと声を張り上げてみたがどんなに声を出しても「う~」といううめき声しか出せない。

その時、うめき声を出している限りは耳元の「呪ってやる」という声も小さくなったので頑張っていたのだが、余りにつらかったので最早抵抗するのを諦めて恐怖に身を任せてしまった。

この時は本当に怖かった。頭の中に響く「呪ってやる」という声を聞きながら早く終わってくれとずっと念じていたのである。

そしてそれが30回程続いた後急にフッと途絶えた。

その後恐怖で目が開けられなかったのは言うまでもないだろう。

私には霊感は全く無い。見た事も無いし聞いた事も無い。夢も基本的には日常生活の影響が殆どで霊的なモノは見ない。なので今回のようなハッキリとした霊的体験は初めてなのでかなり驚いている。因みに今住んでいる家の向かいには墓地があるのだが、5年近く住んでいても何もない。だから尚更である。

前日に飲んだ栄養ドリンクのせいなのかもしれないがそれも少々難がある。そういえばこの栄養ドリンクはもう一本あるのでもう一回試してみようと思う。

今回金縛りを体験して分かったが、対処法で「指先に意識を集中してゆっくり動かす」というのがあったが正直不可能である。いや、これはマジで怖すぎる。洒落にならん。


というわけで良いお年を。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。