So-net無料ブログ作成

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の特典映像について [BDアレコレ]

TGT-BD-Combo-610x750.jpg
1月8日に発売が予定されている本作の円盤の仕様について紹介。

日本ではamazon限定版を含め4種類が確認でき、その中でamazon限定であるスチールブックには特典映像用の「DVD」が付属するようになっている。このDVD、メイキング映像と劇場予告編を含めた約36分の映像が収録されているのだが、なぜこのような仕様になっているのか。前作のBDでは2枚組となっておりそれぞれ本編と特典映像用に分かれていたのだが、本作ではBDは1枚のみで本編と特典映像が同じディスクに収録されている。これは北米仕様の時点からこうなっているのであり、あちらがBD1枚仕様である以上日本だけBD二枚組で別収録というわけにはいかない。

ではamazon限定のDVDに収録されている特典映像とは一体何なのか。実はこの特典映像、北米のBDには収録されていないのである。じゃあ日本独自仕様なのかというと実はその通りなのである。そしてこの特典映像は北米のtarget限定販売のBDに特典「BD」として付属するディスクに収録されている映像であり、amazon限定スチールブックでは当該映像特典を「DVD」に収録して付属させているのである。
into darkness.jpg
そのため日本盤ではこの別収録分の特典映像はDVD画質でしか見られず、BDで見るには個人で輸入するしかない。しかもこの特典映像はBDで見てこそその意義が確認できる映像であり、多くのセットをスタジオ内に作り上げた本作の美術の詳細な映像はBDでしか確認できない。特に黒を基調としたヴェンジェンスの機内の詳細映像は厨二心をくすぐる素晴らしいものとなっておりBD様様の映像となっている。

また特典映像に関してはこれらの他にもデジタルコンテンツとしてDL用の映像があるらしいが、今回の仕様含めその辺りの詳細が以下のリンク先に載っているので読んでみるといいかもしれない。
Star Trek Into Darkness' Blu-Ray Punishes The Fans
特典映像ならDVDでも構わないという人はスチールブックを購入すれば良いが、そうでない私のような「可能な限りHD画質で見たい」という人はtarget限定のBDを買っておけばとりあえずは大丈夫だろう。只購入のハードルは高いが。

因みに既に輸入している人はお分かりだと思うが従来のIMAX作品と同じく、IMAX撮影部分はいつも通り超絶画質であり35mm撮影部分もデジタル撮影部分に負けず劣らず優秀な画質になっている。そしてDolby TrueHD 7.1 (48kHz, 24-bit)の音質については言わずもがな。マストバイである。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。