So-net無料ブログ作成

「アイカツ!」アニメ3期における3DCGライブ演出の展望。 [アニメCG]

007.jpg
アイカツ102話が素晴らしすぎて鼻血が出そうなので記事を吐き出しておく。アイカツに関しては書きたいことが溜まり過ぎていているのでとりあえず今回は102話から始まる3期目における3DCGについて話しておこうと思う。

前期から登場していた大空あかりを主人公にして始まった「アイカツ!」3期。102話では今後パートナーとなっていく氷上スミレが登場しさっそく二人でのライブが披露された。アイカツは1期47話から3DCGのモデルチェンジが行われ、2期である51話からはそれらをベースに主要キャラクターのモデリングが行われている。そして2期76話に大空あかりが登場し、あかりもモデルチェンジ後の基本構造を元に制作されている。これは私見だが76話をBDの高精細な映像で観てみるとあかりのモデルは従来のモデルと印象が異なり、何となくではあるが2期の既存のキャラのモデリングよりも密度が高いというか、精細な印象を受ける。あくまで印象あり思い過ごしである可能性が高いが。

そして大空あかりのモデルは2期で登場したものが3期へと流用されそれをベースに氷上スミレのモデリングもされているようで、3期では2期にあったような大幅なモデルチェンジはなさそうで細部のマイナーチェンジ程度で制作が進められているようである。モーションの精度も今のところは2期と変わらず良い所、悪い所も102話の時点では同じ様な印象を受ける。

そこで3期の前期OP「Du-Du-Wa DO IT!!」である。

大空あかり、氷上スミレに加えもう一人の主役である新条ひなきも既にOPでは3DCGモデルが披露されている。気づいた人もいるだろうが、このOPでの3DCGダンスパートは本編のライブでの3DCGダンスと少々異なる。何が違うか。それは表情と揺れ物である。2期の前期OP「KIRA☆Power」の時もそうだったがOPでのダンスパートはどうやら専用に作っているらしく、本編で同じパートが登場してもそれらはOPとは微妙に異なっている。なので「Du-Du-Wa DO IT!!」も本編のダンスパートがあった場合該当箇所のモーションは異なるのだろう。

だが、3期の場合はそれだけに留まらない。OPのダンスパートと102話本編のライブシーンを比較してみると、明らかにOPの方が映像として「自然」に見える。以下具体例を挙げつつ説明する。

先ず揺れモノ。分かりやすいモノで言えば髪の毛とスカートである。
001.jpg
髪の毛は房の一本一本が独立して揺れており、結んだサイドテールの毛先まで細かくそして大きく揺れるようになっている。揺れが大きくなっているというのは本編と比較してなのだが、OPでは本編よりも揺れが強調されており、少し跳ねただけで全体的に大きく揺れるようになっている。これはスカートも同じでスカートの裾が翻るくらいに大きく揺れるようになっている。また、画像の腰の部分だがフリルがジャケットの形状を歪ませる程に揺れておりこれも明らかに本編よりも揺れが強調されている。
002.jpg
またスカートに関しては回転した時の元に戻る「揺り戻し」が本編よりも自然になっている。なお髪の毛の揺れに関しては氷上スミレも同じである。

そして表情。2期に入ってから表情のバリエーションも大分増えたが個人的にはまだまだ物足りない。2期に入ってから歯が見えるような演出がいくつかみられたが数としてはかなり少ない。この3期OPでは目の開け具合と歯が見えることによって新しい表情を垣間見る事ができる。
005.jpg
もしかしたら今までにもあったかもしれないが3期ではこういった微細な表情の変化にも期待したいところである。

あと下の画像だが、引き絵の部分なので分かり難いかもしれないが目を見開く動作と歯の組み合わせによっても新しい表情がみられるようになっている。3期のOPを初めて観てこの表情に気づいた時は思わずガッツポーズをしてしまった位個人的には非常に嬉しい。下は比較になるが、通常時の右に比べて左は目蓋と黒目の間に微妙に白め部分の空間がある事によって見開いているようになっているのが分かるだろうか。多分この画像よりも録画したものを観てもらったほうが分かりやすい。
006.jpg

さて、記事の表題には「展望」としたが例によってアイカツの3DCGが何処へ向かっていくのかは現状では全く分からない。ただ個人的にはOPでのダンスパートを見てしまった以上3期ではこれが基本となるくらいのモノになって欲しいとは思う。揺れモノと表情。特に歯の演出に関してはアイカツでは現状上歯だけを見せるような演出になっているが、3期OPを見る限りでは目の表情との組み合わせによってかなり表情の幅が広がりそうなので是非とも積極的に使って欲しいところである。

OPと本編で何故これだけ差が出てしまうのかは全く分からないが、制作期間、タイミング、ワークフロー、いずれにしても制作を担当しているSAMURAI PICTURESには今後とも頑張って頂きたい限りである。ともあれ一先ず、と言うには時期がおかしいかもしれないが101話までのこの二年間という長い制作期間には心からの感謝と賛辞を述べたいと思う。


アニメCG関連過去記事

アイカツ!
「アイカツ!」第71話 霧矢あおいの「prism spiral」にみる振り付け。
「アイカツ!」アニメ3期における3DCGライブ演出の展望。
「アイカツ!」第103話 氷上スミレの「タルト・タタン」での3DCGライブ演出。
「アイカツ!」アニメ3期の3DCGモデルに見られる変化
『アイカツ!』第118話 藤原みやびの「薄紅デイトリッパー」における3DCGライブ演出。
『アイカツ!』第123話 大空あかり「Blooming♡Blooming」における3DCGライブ演出。
『アイカツ!』第124話 北大路さくら「Blooming♡Blooming」におけるセルルック表現。
プリキュア
1/5 フレッシュプリキュア! のEDダンスについて
2/5 ハートキャッチプリキュア!のEDダンスについて
3/5 スイートプリキュア♪のEDダンスについて
4/5 スマイルプリキュア! のEDダンスについて
5/5 ドキドキ!プリキュアのEDダンスについて
6/5 ハピネスチャージプリキュア!のEDダンスについて
7/5 補足
Go!プリンセスプリキュアのEDダンスについて
『Go!プリンセスプリキュア』3DCGモデルによるセルルック表現
ラブライブ!
「ラブライブ!」ライブシーンの3DCGの演出について
「ラブライブ!」2期 第6話挿入歌「Dancing stars on me!」の演出。
プリパラ
「プリパラ」における3DCGのライブステージ演出。part.1
「プリパラ」における3DCGのライブステージ演出。part.2
「プリパラ」第22話「HAPPYぱLUCKY」におけるライブステージ演出。

アイドルアニメのCGライブパートランキング 2014
『file(N)-project PQ』ダンスアニメーションPVの演出について




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

うーん…

このアニメ、正直言ってネタ切れだな。
主人公が大空あかりになってから、星宮いちごがしたことの繰り返しだな。
だから、スタッフもネタ切れを認めて早く最終回を制作してください。
by うーん… (2015-01-09 23:56) 

smith

>うーん…さん

115話の現段階でネタ切れかどうか判断するのは尚早かと。そもそも大空あかりという存在自体がいちごの模倣から生まれたものであって、彼女がその軌跡をなぞるのは流れとしては自然でありそれによってマスカレードからの連綿と続くアイドルの歴史が紡がれているワケで。現在の構成はあかりの存在から来る構造的帰結であるところが大きいので暖かい目で見守るのが筋でしょう。

まあ、ライブパートが映えれば個人的には何も文句はないのですが。
by smith (2015-01-10 20:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。