So-net無料ブログ作成
検索選択

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」[blu-ray] [BDアレコレ]

113420_front.jpg
監督 ジェームズ・ガン
出演 クリス・プラット
    ゾーイ・サルダナ
    ブラッドレイ・クーパー
    ヴィン・ディーゼル
    デビッド・バウティスタ

画質 MPEG-4 AVC (2.40:1) LC-52XL10擬似4k視聴
9点。

Arri Alexa XT Plusによる2.8kでの撮影。劇場公開時にその解像感から4k撮影or上映かと思ってしまうような立体感があったがどうやら撮影解像度は2.8kで制作フローは2k。だが2kの解像度を思わせないほどの豊かな情報量が感じられる。近年のリアリスティックなSF作品とは異なり色彩豊かな美術コンセプトであるため、それによって画質云々に関係なく美麗な絵作りがされている。

CG部分も基本は2k制作なのだろうが遠景でのCG背景で若干のフォーカスの甘さが散見されるがそれ以外のシーンでは実写、CG共に非常に高精細な画質になっている。特にクライマックスでの空戦は日中である事も相俟ってより鮮明さが増している。中でもノバ・コーズ側の黄色をメインカラーとした戦闘機は擬似4kとの相性も良くその立体感、質感は完全に実写にしか見えない。というかコックピット側の面は実際に模型を制作して撮影しているのかもしれないが、そう思わせるほどの精細さがある。

グルート、ロケットなどの人外のフルCGキャラクターも解像度不足は全く無く、寧ろグルートなどは木の質感が感じられる様な立体感がある。兎に角全編通して非常に色彩豊かなので画質に関係なく観ていて気持ちが良い。4k撮影された作品と比べると画質は流石に劣るが十分及第点。

3D版はIMAX仕様となり場面によって1.78:1のビスタサイズに切り替わる仕様になっている。以下リンクで比較写真。
http://www.cinemablend.com/new/Guardians-Galaxy-Fans-See-What-You-Missed-By-Watching-It-IMAX-68544.html
2D版は全編シネスコ。ただIMAXカメラで撮影されているワケではないので画角が変わっても画質が変わるわけではないので注意。なお画像にあるスチールブックの表面はエンボス加工になっている。ファンならばマストバイだろう。特典映像はオーディオコメンタリー、メイキング、NGシーン、未公開シーン、「Avengers: Age of Ultron」の撮影風景と全部で40分程度と少な目なので少々残念。Cinefex36号に本作のメイキングが掲載されるので物足りない人はチェックしてみると良いだろう。私も当然購入するつもりである。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る