So-net無料ブログ作成

[改訂版]シドニーIMAX旅行のススメ [映画]

B3q7F22CUAAPK-D.jpg
本項はIMAXシアターを求めてシドニーへ行く人へ向けたものである。
ナニソレ食えるの?という人はリンク先の記事を参照して頂きたい。
なぜ「インターステラー」を観るために海外のIMAXシアターへ行くのか。

現在シドニーのIMAXシアターではフィルムIMAX作品のリバイバル上映が予定されている。
公式HP上映スケジュールリンク
本館では2016年初頭のIMAXレーザーデジタル映写機の導入に伴い、現在稼動しているフィルムIMAX映写機が撤去される事になっている。リンク先のリバイバル作品の紹介欄には「ONE LAST TIME」との記載があり、今回がフィルムIMAX作品の最後のリバイバル上映となる。
  IMAX.jpg
リバイバル上映が予定されている作品は、
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
『ゼログラビティ 3D』
『インターステラー』
『アバター 3D 特別編』
『ダークナイト ライジング』
『ポーラー・エクスプレス 3D』
の6作品。下4作品はデジタル上映ではなく、15/70mmフィルムのネガを使用したフィルムIMAX上映で行われる。それぞれ上映期間が離れているのと回数が限られているので、もし観に行くなら同時期に上映されている他の作品も考慮したほうが良いかもしれない。オススメは言わずもがな『インターステラー』と『ダークナイト ライジング』である。30m×36mのスクリーンをフルに使った映像は圧巻の一言。『アバター 3D 特別編』と『ポーラー・エクスプレス 3D』についてはビスタサイズの3D上映なので映写サイズは一回り小さい16×28m程度になるがフィルムIMAX上映で観た日本人が非常に少ないという点で貴重な機会となるだろう。


オーストラリアはシドニーにある「LG IMAXシアター」はスクリーン一つの単館営業形態となっている。
01.jpg
基本的にPM3:00まではフィルムIMAXカメラ撮影による45分程度のドキュメンタリー作品が、それ以降は商業映画が上映されるようになっている。

そしてこれがネックとなる。
PM3:00まで商業映画が観れない。じゃあ観光でもするかという話になるのだが、シドニーは土地の高低差が激しく特にIMAXシアター周辺の都市の中心部が酷い。下の地図を見て欲しい。
クリックで拡大
無題.jpg
黒線の矢印の方向へと土地が下がっており、その高低差は10、20mは普通にある。1ブロック間で2-5mの高低差は基本で「ブラブラ歩く」という行為が中々難しい。これが普通の観光旅行だったら全く問題ない。今回の様にIMAXシアターで映画を観る事を前提とした場合、PM3:00以降の上映分しかないので上映前に疲れてしまう可能性が非常に高いのである。実際何も知らずに2012年に「ダークナイト ライジング」を観に行った時は上映前に疲れ果ててしまった事があり、数分ではあったが上映中に寝落ちしたことがあった。

PM3:00まで観光するのは全く問題ない。ただ、ブラブラ歩いて観光というのが物理的に難があるので時間と目的地についてはある程度予定を組んでおいたほうが個人的には良いと思った次第である。因みにIMAXシアターから地図上右にある「キングス・クロス駅」までは距離としては2km程度なのだが歩いて移動すると余裕で30分以上かかる。地図で見ると大した事はないのだが実際に歩いてみると驚くほど時間がかかる。高低差があるというのも勿論だがこれには「信号待ち」も含まれるからである。

シドニーの信号は「押しボタン式」である。少なくとも中心部にある信号機の9割がこうなっている。そしてこの信号機、驚くべきことに「押さない限り歩行者信号が青にならない」のである。押しボタン式なのだから当たり前なのだが、東京都心の信号機が全てこうなった状態を想像してみれば分かりやすいだろうか。しかもこの信号機、押しても押さなくても信号機の切り替えサイクルの時間は変わらないのである。日本の歩行者信号の様にボタンを押したからといって歩行者優先で変わることは無い。信号機のパターンに合わせて歩行者信号が切り替わるようになっている。なのでコレが非常に面倒くさい。高低差と信号機。これらのせいでそれなりの距離を移動しようと思うと思いのほか時間がかかる。なので上映前の観光はそれなりに計画を立てて行ったほうが良い。

私の様に観光はどうでも良いという人にはIMAXシアター近くにも博物館等の施設が色々あるので時間を潰す事は出来るし、何もせず周辺のベンチで座っているだけでも実は全く退屈しない。また、地図にあるように近くに「EVENT CINEMAS」というシネコンがあるので上映前までそこで他の映画を観る事も出来る。
Event Cinemas - George Street
http://www.eventcinemas.com.au/cinema/george-street
なお、このGeorge StreetにあるEvent Cinemasにはドルビーアトモスが導入されている。
http://www.eventcinemas.com.au/Cinema/George-Street/DolbyATMOS

さて、上映時の座席の話だが、先ずリンク先のPDFの座席表を見て欲しい。
https://www.imax.com.au/content/resources/IMAX_SEATING.pdf
スクリーンサイズが30×36mとかなり大きいのでベストポジションに神経質にならずとも真ん中辺りに座っておけば基本的には問題ない。オススメはG-30。ここは迫力と見易さがちょうど良いバランスになっている。迫力を重視するならE列。インターステラーではシネスコ場面で多少見上げる形になるがその分IMAX撮影シーンでの迫力は凄まじい事になる。なおE列より前はただ見辛いだけになるのでオススメ出来ない。G列より後ろに行くと見上げる事無く快適に鑑賞できるが迫力が多少目減りしてしまうので、オススメは最初にE~G列で堪能して次に落ち着いて鑑賞するために後方へ移動するというのが良いだろう。因みに今回の私の座席順はG-32、J-33、H-30、H-30、F-30、E-30、G-32という感じである。

シドニーはただでさえ観光客が多いのでチケットはネットでの事前購入は必須である。
https://www.imax.com.au/sessions/
ネットでの購入後、メールでチケット画像のPDFが添付して送られてくるのでそれを印刷して当日持って行くという流れになる。印刷できない場合でも紙にメモしてカウンターの人に見せたり、PDF画像にあるバーコードをスマホに拡大表示して「please make print this ticket」みたいな事をチケットカウンターに言えばチケットを印刷してくれるようになっている。なので現地でネット購入しても全く問題ない。
IMAX ticket6.jpg
チケットの予約には当然クレジットカードが必要になる。これはチケット購入時のクレジットカード情報の入力画面だが、画面下の「submit」を押してしまうと確認無しに購入が確定してしまうので注意してほしい。

因みにEVENT CINEMASのスクリーンで以下の箱に当たった場合スクリーンが意外と小さかったので観るならJ列がオススメ。
無題ss.jpg

私は今回のインターステラーで2回目の渡航となったが、はっきり言って海外旅行なんぞはパスポートとビザ、航空券さえあれば誰でも行けるので言語面での不安については正直考えてもあまり意味は無い。シドニーまでは直行便で9時間。前回はカンタスの直行便で往復10万円、今回はジェットスターのゴールドコースト経由で15時間かかり円安のため14万円。ジェットスターは格安便として有名だが遅延や欠航は「起きて当たり前」なので注意して欲しい。実は今回の帰りの便が機体の整備不良でまさかの欠航になり、ジェットスター負担でホテルの確保と食事代金の保証が行われたので利用する人は注意をば。やはり長距離移動の場合は直行便でないとなかなかツライ。今後ジェットスターを利用する事は無いだろう。

航空券とホテルの予約については私はエクスペディアを利用しているが、ここでは「AIR割」として航空券とホテルの同時予約によってホテル代金が大幅に値引きされるようになっているので個人で行く事に慣れている人はこちらの方が良いだろう。JTBやH.I.S等によってツアーとして売り出されているものについては運次第で格安のものが選べるのでそれを狙うのも良いかもしれない。
JTB 東京(成田+羽田)発 オセアニア ツアー一覧

それとシドニーではタクシーの利用は極力控える事。高いので。空港から地図のセントラル駅やミュージアム駅まで地下鉄が通っておりタクシーだと40ドル程度かかるが地下鉄なら15ドル程度で移動できるので安価かつ早い。ハリウッド映画のせいで海外の地下鉄に乗ると何かしらの事件に巻き込まれるようなイメージがあるが、実際にはそんな事は全く無いので(当たり前だ)安心して利用して欲しい。地下鉄のチケットの購入方法は基本的に自販機の利用になるが、これが初めての場合結構戸惑うのでこれについては事前にしっかりと調べた方がいい。

因みに前回のIMAX旅行記
http://smith-kun.blog.so-net.ne.jp/2012-08-25-1
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 8

イコ

はじめまして、イコと申します。
現在シドニーに滞在中で、先日"シドニーのiMAXシアターは世界一大きなスクリーンがある"というのを知ったので是非とも観に行かねばと思い色々調べていてこちらのサイトに辿り着きました。
インターステラーは気になっていたものの、結局時間が無く日本で観る事が出来なかったのですが、smithさんの呟きコメを拝見しているうちに観たくなって参りました。
ここで1つ質問なのですが、smithさんはかなりの回数iMAXシアターに通われたようですが全て一回につき$33.5払って観られたのですか?(ネット予約の場合は更に予約手数料がかかりますよね)
それだけ通われるのなら会員になって会員料金で…とかかな?とも思ったのですがiMAXのサイトを見ても会員特別料金があるようにも思えなかったので…
私もインターステラーとホビットでかなりお金をつぎ込んでしまいそうな予感なので、そこが気になってしまいました。苦笑

ではでは。
おすすめの座席等、とっても役に立つ情報ありがとうございました!
これからチケットを取る時に(座席は自分で選べますよね⁉笑)参考にさせて頂きますね!
by イコ (2014-12-19 12:02) 

smith

>イコさん

仰る通り会員割引等は無いので毎回$35払っています(笑)。
今回はインターステラーを7回、ハッブル3Dを2回観たので結構な金額になりました。購入の際はカウンターでもネットでも当然座席は選べますのでご安心を。

因みにホビットは新型のIMAX4Kレーザー映写機による上映なのでかなり綺麗な映像になると思います。お楽しみを。それとホビットもご覧になるとの事ですが、それでしたら一つお願いしたい事があります。

今までシドニーIMAXでは3D作品を上映する際35×30mのスクリーンをフルに使わずに一回り小さい27×20m位のサイズで上映されておりスクリーンの上下左右に余白がある状態でした。これは今までの映写機がフルサイズで上映出来なかったからなのですが、今導入されている新型の映写機は36mのサイズの映写が可能とされています。

そのため今回のホビットは横35mのフルサイズで上映されるのではいかと考えています。なのでホビットをご覧になった際によろしければ横にフルサイズで上映されていたのか、それともスクリーンに余白があったのかを教えて頂けると助かります。このサイズの違いは見ればすぐに分かりますので。因みにこの新型映写機は池袋に2017年に導入されるようですのでイコさんが羨ましい限りです。

ホビットはもちろんの事シドニーIMAXのインターステラーは世界最高の映画体験なので存分に楽しんできて下さい。特にインターステラーは何度も観たくなってしまうので散財にご注意を(笑)。
by smith (2014-12-19 17:47) 

イコ

早々にお返事ありがとうございます!
ホビットのスクリーンサイズ了解です。観たら御報告致しますね^^

明日、シドニー初IMAXでインターステラー観て来ます。席はsmithさんお勧めの席が埋まっていたのでF列ですが...
楽しんできますね!
by イコ (2014-12-23 23:23) 

smith

>イコさん

急なお願いですみません(汗)。
シドニーは現在真夏日ですが湿度が低いので過ごし易い気候になっています。
では良い旅を。
by smith (2014-12-25 21:46) 

イコ

こんにちは、ホビット観て参りました!
結果から言うとスクリーンに余白。
ありました。笑
インターステラーを観た後なので、「小さっ!日本のスクリーンと変わらないんじゃない!?」と思ってしまったほど。
ただ、日本で観たホビット3Dより映像が断然綺麗!これって単にIMAXだからなのか、smithさんが仰られた4Kだからなのか...そこは私のような素人では判断出来ませんでしたが...

あ、インターステラーですがsmithさんがご覧になられたのは2Dですか?3Dですか?
観に行った時映画館側が始めの10分くらいを間違えて3D(?)で流し、
途中から2Dに切り替わったのですが...
ここ(シドニーIMAX)でインターステラーの3D上映ってやってるのかなぁ?と疑問に思いまして。
by イコ (2014-12-27 10:52) 

smith

>イコさん

御報告ありがとうございます!
そうですか・・・余白ありでしたか。やはり3D上映の際はフルサイズでの映写は難しいという事になってしまうのか、ちょっと残念です。これは多分3Dの設定とスクリーンサイズの関係の問題なのかもしれません。フルサイズだと横に広すぎるので。

IMAX作品は基本的にDMR(digital media remastering)処理というのがされており4Kに関係なく大画面でも鮮明に映写できます。なので画質に関しては私も実際に観てみないと何とも言えません(笑)。ただホビットは4Kで上映されているので綺麗なのは確かです。

インターステラーですがそれは3Dメガネを掛けずに観た時の映像が二重にぶれた様な状態だったという事でしょうか。本作は3D版が存在しないので映画館側のミスですね。まあ本作の場合3Dがいらない位迫力がありますからね。
by smith (2014-12-27 23:29) 

イコ

インターステラーは3D無いのですか!意外です。
友人が日本でインターステラーの4Dを観に行ったと言っていたのですが、それは画面自体は2Dなんですかね…?
私がシドニーで一緒に観に行った人が、鑑賞後「4Dだったね!」と興奮していたのですが、それは単に音響の影響で振動していただけ…ですよね?笑

>3Dメガネを掛けずに観た時の映像が二重にぶれた様な状態だったという事でしょうか。

そうです。あれってメガネかけたら無理矢理でも3Dで観れたのでしょうか…ちょっと気になります。笑

シドニーIMAXのインターステラー、まだ少し上映してますね。
人気ぶりが伺えます^^
by イコ (2015-01-11 14:41) 

smith

>イコさん

4DXの事ですね。本来は3D映像に加えて座席の稼動、風、香り、水しぶきなどによって「映画を体感する」ものですが。インターステラーの場合は映像が3Dではなく演出も座席の稼動のみになっています。なので4DXの意味があまりありません。

シドニーIMAXは4DXではないので、あの座席の揺れは完全に「音」のみによる振動です。あの音響の凄さはIMAXシアターの専売特許みたいなものですね(笑)。
by smith (2015-01-13 21:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。