So-net無料ブログ作成
検索選択

シン・ゴジラ1号雛型(形状検討用)展示中 [映画]

7月29日に公開された庵野秀明監督作品『シン・ゴジラ』。
その制作にあたって劇中のゴジラのデザインを担当する事になった造形家の竹谷隆之氏。1954年の初代ゴジラをベースにゴジラの根源的な部分に立ち返るというコンセプトデザインの元、おそよ半年に渡って最初の雛形となるモデルが制作された。

「シン・ゴジラ1号雛型(形状検討用)」

全高50cm、全長1mを超える大きさの最初のモデルは形状検討用という名前からも分かる様に細部の形状が確認できるように単色での着色がされておりそのディテールは文字通りの鬼気迫る、狂気の宿るような圧倒的な造形となっている。この1号雛型は先日行なわれたニコニコ超会議2016で初御披露目となり、その際には着彩検討用として制作された2号雛型も公開される事となった。

そして映画公開後の現在、この「シン・ゴジラ1号雛型」が東京都内のドコモラウンジにおいて展示されている。ニコニコ超会議2016の時とは異なりガラスケースによる保護は無く店舗内も明るいため細部まで肉眼で確認できるようになっている。勿論撮影は自由なのでまたとないチャンスである。

私は映画館鑑賞後にすっかりその造形にハマってしまったクチでつい先日東京へ雛型撮影のために弾丸ツアーをしてきたのだが、これがもう本当に最高過ぎて言葉が無かった。人の手によるモノとは思えないその見事すぎる造形にただただ溜息しかなかった。画像や映像では伝わらない、正に感触が伝わってくる圧倒的なディテール。

ドコモラウンジでの展示は8月31日までなので見たい人、撮影したい人はお早めに。
012_01.jpg
東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル1F
http://tokyo.docomo-lounge.com/access/



 

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『バットマンvsスーパーマン』IMAXカメラ撮影シーン [映画]

3月25日に公開された『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』だがIMAX版の上映が早くも終了しようとしている。本作はIMAXカメラで撮影された数少ない作品の内の一つであり、昨年公開された『スター・ウォーズ フォースの覚醒』同様、IMAX版は通常のデジタル上映とは異なるアスペクト比で上映されている。
bvs_ola_005.jpg
上の様に一般のデジタル上映では全編2.39:1、IMAXデジタルシアターでは当該シーンが1.90:1のビスタサイズ、次世代IMAXである109シネマズ大阪エキスポシティのIMAXでは1.43:1のスタンダードサイズで上映される。本作のIMAX撮影シーンは25分程度あり4つのシーンでそれぞれ使用されているのでIMAXパートが5分程度しかなかった『スター・ウォーズ フォースの覚醒』に不満を感じた人も納得のモノになっている(と思う)。

以下の3つはIMAX撮影シーンの1.43:1オリジナルサイズ
JNxVDoI.jpg
7jMn4Ij.jpg
nvnxjHk.jpg

4月22日からは『レヴェネント 蘇えりし者』が一週間限定で公開されるため『バットマンvsスーパーマン』のIMAX上映は4月21日までとなる。エキスポIMAXでは本作は日本で唯一のIMAX 2D上映かつオリジナルサイズでの上映となるので未見の人は勿論、既に観ている人にも是非ともオススメしたい。

以下、映画の時系列順にIMAXパートをまとめてみたので参考までに。なお若干ネタバレがあるので注意をば。画像は全て2.39:1のサイズだがエキスポIMAXでは1.43:1なので上下がカットされている。
















続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

次世代IMAXとIMAXカメラは今後どうなっていくのか。 [映画]

imax_brnd_iib_en_cmyk300.jpg
2015年にオープンした109シネマズ大阪エキスポシティ。日本初の次世代IMAXとして4Kレーザープロジェクターと12.1chの音響を兼ね備えた映画館であり、昨年の12月18日に公開された『スター・ウォーズ フォースの覚醒』によってその名は大きく知れ渡る事となった。

26m×18mという日本最大級のスクリーンは2.39:1のシネスコ、1.85:1のビスタ、そして1.43:1のIMAX15/70mmフォーマットをデジタル上映で映写する事が可能となっている。(因みに日本最大スクリーンは福岡にあるギャラクシーシアターで大きさは28m×21m)

2014年末に『スター・ウォーズ フォースの覚醒』がIMAXカメラで撮影されているという発表が行われて以来、当該シーンの長さ、DIの解像度、上映時の画郭、フィルムIMAX上映の有無、IMAXレーザープロジェクターの仕様といった情報等が順次明らかになっていく、また中々明らかにされない事に一喜一憂していたのが今となっては懐かしい限りである。

そして公開から2ヶ月が経とうとしている現在、エキスポIMAXを取り巻く状況を含めIMAX上映作品は取り敢えず一段落しようとしている。2016年は昨年の様な一年を通した異様とも言える大作、名作ラッシュとリバイバルに継ぐリバイバル上映といった忙しい事にはならなさそうで比較的落ち着いて映画館へ通う事が出来そうではある。

IMAX関係を見てみると『フォースの覚醒』によってIMAX次世代レーザーの仕様がある程度明確になった事により、2016年のIMAX上映作品においてどの作品をエキスポIMAXで観るべきか、あるいは通常のIMAXデジタルで妥協すべきかという線引きを各人が行っているのが見られる。なので、昨年まで錯綜していた、そして明らかになったIMAX関連の情報をここらで一度簡単に整理しておきたいと思う。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』THX・15/70mm・IMAXレーザーの旅 [映画]

Star Wars The Force Awakens T1.mov_snapshot_01.42_[2015.12.21_22.34.24].jpg

1月11日から1月17日にかけて『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を観るためにイオン海老名で行われているTHX上映とシドニーIMAXシアターで行われている15/70mmフィルム上映、メルボルンIMAXシアターのIMAXレーザー上映に行ってきた。詳細はtogetterにまとめたのでそちらを参照頂きたい。

今回観れたのは、
・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』THX上映 2回
・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』15/70mmフィルム上映 3回
・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』IMAXレーザー3D上映 2回
・『ハッブル3D』15/70mmフィルム3D上映
・『TINY GIGANTS 3D』IMAXレーザー3D上映
・『ヘイトフル・エイト』70mmフィルム上映 2回
・『レヴェナント 蘇えりし者』4Kドルビーアトモス上映
・『5TH WAVE』デジタル上映

『ヘイトフル・エイト』の上映時間の長さと映画館までの移動時間が若干ネックとなりそこまで多く本数が観られなかったのがちょっと残念。とはいえその分観光や食事を楽しめたので良い映画遠征となったし、何より『ヘイトフル・エイト』のプレミア上映のレッドカーペットに立ち会う事が出来たのは本当に嬉しかった。これは一生の思い出になるだろう。

実は今回の遠征、直前まで行こうか悩んでいて飛行機のチケットを取ったのは何と二週間前。飛行機のチケット代は成田からシドニーで7万円、シドニーからメルボルンで9000円、メルボルンから成田で5万円。直前の予約は流石に値が張るので旅行の計画は計画的に。当初はシドニーだけにいくつもりだったのだが、メルボルンIMAXがIMAXレーザーに改装していた事で現状世界最大のIMAXレーザースクリーンとなっていたのと、シドニーからメルボルンへの渡航費が思いの外安かったのでそれなら行ってしまおうと相成った次第である。安ければ6000円程度でも行けるみたいなのでオーストラリアに行く際は複数国を回ってみるのもオススメである。

シドニーIMAXシアターは『バットマン v スーパーマン』の公開日である3月24日に合わせてIMAXレーザーへと改装が行われる様子なのでもし観に行ってみたい人は検討してみてはどうだろうか。
https://www.imax.com.au/films/star-wars-the-force-awakens/sessions.aspx




IMAX関連過去記事
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』はどのIMAXシアターで観るべきなのか。
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』IMAXカメラによる15/70mm撮影シーン
[次世代IMAX] 4Kレーザー映写機が提示する新しいIMAXデジタルシアターとは
なぜ「インターステラー」を観るために海外のIMAXシアターへ行くのか。
[改訂版]シドニーIMAX旅行のススメ
メルボルンIMAXシアターの旅

 
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』はどのIMAXシアターで観るべきなのか。 [映画]

DuTEfgb.jpg

※12月25日更新 本作が2K制作である事がほぼ確定したので当該部分を修正
※11月12日更新 IMAX撮影部分と台北のミラマーIMAXでの上映について後段に記載


正式なポスターデザインも発表され公開2ヶ月を控える中盛り上がりを見せている『スター・ウォーズ フォースの覚醒』。本作がフィルムIMAXカメラで撮影されている事は既に広く知られているが、2015年から本格的に稼動しているIMAXレーザー映写機に対応する初の作品としても俄然注目を集めている。

そんな中、2,3ヵ月程前からシドニーIMAXシアターのfacebookにおいて本作のIMAX 15/70mm 2D上映を望む発言が何度かされており、またmaking star wars上の記事においても本作が15/70mmフィルムでの上映に対応する可能性について示唆する様な発表が見られた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』IMAXカメラによる15/70mm撮影シーン [映画]

Star Wars The Force Awakens T1.mov_snapshot_01.42_[2015.12.21_22.34.24].jpg
前回『スター・ウォーズ フォースの覚醒』はどのIMAXシアターで観るべきなのか。

上記の記事でも書いたように『スター・ウォーズ フォースの覚醒』では1シーンのみIMAXカメラによる15/70mmフィルムでの撮影が行われている。IMAX15/70mm上映、IMAX次世代レーザー、IMAXデジタル3D、デジタル上映など様々な形態がある中既に本作を観た人は多いと思うが、公開後という事なのでネタバレ全開で本作のIMAX撮影シーンを紹介したいと思う。まあ、ネタバレといっても単なるアクションシーンだけなので物語上の何かが判明したりはしないので未見の人でも問題無いと思われる。

以下ネタバレ注意








続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

[次世代IMAX] 4Kレーザー映写機が提示する新しいIMAXデジタルシアターとは [映画]

imax_brnd_iib_en_cmyk300.jpg

※11月17日更新 IMAXレーザー映写機のスペックについて後段に記載

現在日本においてIMAXデジタルシアターを備える映画館はおよそ20館。北は北海道から南は福岡まで。IMAXデジタルシアターと一口に言ってもその形態は様々で、スクリーンの大きさ、箱の大きさ、座席の数、スピーカーの数、種類などそれらは映画館毎によって大きく異なる。

既存の映画館をそのままにIMAXデジタルシアターとして改装したものが多かった当時、15/70mmフィルム映写機で上映していたIMAXシアターとのあまりの環境の落差にそれらは「LIE(嘘)MAX」と揶揄される事が多々あった。何せ縦15m×横20m以上の大きさのスクリーンが基本だったIMAXシアターに対して、当時のIMAXデジタルシアターの殆どが縦10m×横20mに満たない大きさのスクリーンだったからである。
imax_digital_projectors.jpg
現在IMAXデジタルシアターで稼動している2Kデジタル映写機

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

メルボルンIMAXシアターの旅 [映画]

WP_000041.jpg
オーストラリアはメルボルンにあるメルボルン博物館に隣接する「IMAX Melbourne Museum」。8月の21日から23日まで15/70mmフィルムによるリバイバル上映が行われたので急遽行く事になり、21日から25日まで4泊5日のスケジュールでの旅となった。

詳細はtogetterにまとめてあるのでこちらを参照して頂きたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

[改訂版]シドニーIMAX旅行のススメ [映画]

B3q7F22CUAAPK-D.jpg
本項はIMAXシアターを求めてシドニーへ行く人へ向けたものである。
ナニソレ食えるの?という人はリンク先の記事を参照して頂きたい。
なぜ「インターステラー」を観るために海外のIMAXシアターへ行くのか。

現在シドニーのIMAXシアターではフィルムIMAX作品のリバイバル上映が予定されている。
公式HP上映スケジュールリンク
本館では2016年初頭のIMAXレーザーデジタル映写機の導入に伴い、現在稼動しているフィルムIMAX映写機が撤去される事になっている。リンク先のリバイバル作品の紹介欄には「ONE LAST TIME」との記載があり、今回がフィルムIMAX作品の最後のリバイバル上映となる。
  

続きを読む


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

仮に「花の詩女 ゴティックメード」がIMAXデジタルシアターで上映された場合。 [映画]

Gothi.jpg

さて、仮にだ。まあ、先ずありえないだろうが万が一の可能性として仮に「ゴティックメード」がIMAXシアターで上映される様な事態が起こった場合、永野護はそこで一体「何を」「どうやって」上映するのだろうか。なおこれはあくまで妄想であって決してNewtype30周年記念特別上映でゴティックメードがIMAXシアターで上映される事が決まったとかそういうめでたい話が実際にあったワケではない。断じて。

先ず上映されるとしてどこで行われるのか。
集客というビジネス的な観点からすると考えられるのは東京と名古屋、そして大阪。東京は109シネマズグランベリーモール、ユナイテッドシネマとしまえん、109シネマズ木場の三つに加え隣接する千葉県にある日本最大級のIMAXシアターのある成田HUMAXシネマズ。名古屋は名古屋駅近くにある109シネマズ名古屋。大阪は109シネマズ箕面とユナイテッドシネマ岸和田。

IMAXシアターで上映する際の費用については全く分からないが、IMAXシアターで上映するとなれば従来よりも集客は見込めるはずである。特に東京ではドリパスでの上映の殆どが完売しているので心配ないだろう。東京、名古屋、大阪での同時公開も無理な話ではない。まあ、若干現実的ではないが。なので上映されるとしたらどこか一つの劇場になるのだろうが、そうなった場合真っ先に候補として上がるのは成田HUMAXだろう。24.5×14mのビスタサイズのスクリーンをフルに使えるとなれば永野護の御眼鏡にも適うというもの。成田はその利便性の低さゆえに集客がいまいちだという話はよく聞くがこういったイベント上映であれば問題は無いだろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る