So-net無料ブログ作成
検索選択

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』THX・15/70mm・IMAXレーザーの旅 [映画]

Star Wars The Force Awakens T1.mov_snapshot_01.42_[2015.12.21_22.34.24].jpg

1月11日から1月17日にかけて『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を観るためにイオン海老名で行われているTHX上映とシドニーIMAXシアターで行われている15/70mmフィルム上映、メルボルンIMAXシアターのIMAXレーザー上映に行ってきた。詳細はtogetterにまとめたのでそちらを参照頂きたい。

今回観れたのは、
・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』THX上映 2回
・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』15/70mmフィルム上映 3回
・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』IMAXレーザー3D上映 2回
・『ハッブル3D』15/70mmフィルム3D上映
・『TINY GIGANTS 3D』IMAXレーザー3D上映
・『ヘイトフル・エイト』70mmフィルム上映 2回
・『レヴェナント 蘇えりし者』4Kドルビーアトモス上映
・『5TH WAVE』デジタル上映

『ヘイトフル・エイト』の上映時間の長さと映画館までの移動時間が若干ネックとなりそこまで多く本数が観られなかったのがちょっと残念。とはいえその分観光や食事を楽しめたので良い映画遠征となったし、何より『ヘイトフル・エイト』のプレミア上映のレッドカーペットに立ち会う事が出来たのは本当に嬉しかった。これは一生の思い出になるだろう。

実は今回の遠征、直前まで行こうか悩んでいて飛行機のチケットを取ったのは何と二週間前。飛行機のチケット代は成田からシドニーで7万円、シドニーからメルボルンで9000円、メルボルンから成田で5万円。直前の予約は流石に値が張るので旅行の計画は計画的に。当初はシドニーだけにいくつもりだったのだが、メルボルンIMAXがIMAXレーザーに改装していた事で現状世界最大のIMAXレーザースクリーンとなっていたのと、シドニーからメルボルンへの渡航費が思いの外安かったのでそれなら行ってしまおうと相成った次第である。安ければ6000円程度でも行けるみたいなのでオーストラリアに行く際は複数国を回ってみるのもオススメである。

シドニーIMAXシアターは『バットマン v スーパーマン』の公開日である3月24日に合わせてIMAXレーザーへと改装が行われる様子なのでもし観に行ってみたい人は検討してみてはどうだろうか。
https://www.imax.com.au/films/star-wars-the-force-awakens/sessions.aspx




IMAX関連過去記事
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』はどのIMAXシアターで観るべきなのか。
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』IMAXカメラによる15/70mm撮影シーン
[次世代IMAX] 4Kレーザー映写機が提示する新しいIMAXデジタルシアターとは
なぜ「インターステラー」を観るために海外のIMAXシアターへ行くのか。
[改訂版]シドニーIMAX旅行のススメ
メルボルンIMAXシアターの旅

 
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

謹賀新年 [日記]

本年も宜しく御願い申し上げます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』はどのIMAXシアターで観るべきなのか。 [映画]

DuTEfgb.jpg

※12月25日更新 本作が2K制作である事がほぼ確定したので当該部分を修正
※11月12日更新 IMAX撮影部分と台北のミラマーIMAXでの上映について後段に記載


正式なポスターデザインも発表され公開2ヶ月を控える中盛り上がりを見せている『スター・ウォーズ フォースの覚醒』。本作がフィルムIMAXカメラで撮影されている事は既に広く知られているが、2015年から本格的に稼動しているIMAXレーザー映写機に対応する初の作品としても俄然注目を集めている。

そんな中、2,3ヵ月程前からシドニーIMAXシアターのfacebookにおいて本作のIMAX 15/70mm 2D上映を望む発言が何度かされており、またmaking star wars上の記事においても本作が15/70mmフィルムでの上映に対応する可能性について示唆する様な発表が見られた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』IMAXカメラによる15/70mm撮影シーン [映画]

Star Wars The Force Awakens T1.mov_snapshot_01.42_[2015.12.21_22.34.24].jpg
前回『スター・ウォーズ フォースの覚醒』はどのIMAXシアターで観るべきなのか。

上記の記事でも書いたように『スター・ウォーズ フォースの覚醒』では1シーンのみIMAXカメラによる15/70mmフィルムでの撮影が行われている。IMAX15/70mm上映、IMAX次世代レーザー、IMAXデジタル3D、デジタル上映など様々な形態がある中既に本作を観た人は多いと思うが、公開後という事なのでネタバレ全開で本作のIMAX撮影シーンを紹介したいと思う。まあ、ネタバレといっても単なるアクションシーンだけなので物語上の何かが判明したりはしないので未見の人でも問題無いと思われる。

以下ネタバレ注意








続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『アイカツ!』第160話の3DCGライブステージにおける変化について [アニメ]

161.jpg
この絵コンテを切ったのは誰だぁっ!という時は大抵五十嵐達也が関わっているので非常に分かりやすい。特徴的なコンテなので観ている間ずっとニヤニヤしてしまう位面白い。ただ、コンテと演出の両方を担当していないとイマイチ切れ味が悪い。というか観ているだけで誰が切ったのか分かるコンテっていうのは凄いと思う。まあ、単に私の好みに合っているだけなのだろうが。


続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

[次世代IMAX] 4Kレーザー映写機が提示する新しいIMAXデジタルシアターとは [映画]

imax_brnd_iib_en_cmyk300.jpg

※11月17日更新 IMAXレーザー映写機のスペックについて後段に記載

現在日本においてIMAXデジタルシアターを備える映画館はおよそ20館。北は北海道から南は福岡まで。IMAXデジタルシアターと一口に言ってもその形態は様々で、スクリーンの大きさ、箱の大きさ、座席の数、スピーカーの数、種類などそれらは映画館毎によって大きく異なる。

既存の映画館をそのままにIMAXデジタルシアターとして改装したものが多かった当時、15/70mmフィルム映写機で上映していたIMAXシアターとのあまりの環境の落差にそれらは「LIE(嘘)MAX」と揶揄される事が多々あった。何せ縦15m×横20m以上の大きさのスクリーンが基本だったIMAXシアターに対して、当時のIMAXデジタルシアターの殆どが縦10m×横20mに満たない大きさのスクリーンだったからである。
imax_digital_projectors.jpg
現在IMAXデジタルシアターで稼動している2Kデジタル映写機

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

『NieR Automata / ニーア オートマタ』という出来事。 [ゲーム]

15_10-29-15_033.jpg

『ニーア レプリカント』の続編的位置づけとなる『ニーア オートマタ』の発表。プラチナゲームズ開発の下、ディレクターにヨコオタロウ、作曲に岡部啓一と万全の布陣での制作と相成った本作。スクエニ発の作品が多かったヨコオタロウ氏なだけに今回のプラチナ開発は驚くべき事で、RPG要素の強かった『レプリカント』からプラチナゲームズの得意とするアクション性に特化したゲームデザインになるという事だろうか。

4Gamer.net「ニーア」シリーズ最新作のタイトル名は「NieR Automata」(ニーア オートマタ)。主人公「2B」のアクションを確認できるトレイラーが公開

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

『Fallout 4』のCEROレーティングZに関する諸考察。 [ゲーム]

Fallout-4-62.jpg

11月10日の本国発売を控えるシリーズ最新作『Fallout 4』。日本での発売は約1ヵ月遅れとなる12月17日に決定したが、よりによって『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の公開日前日である。一体どうしろと。

さて、本作を含めた洋ゲー(そろそろ死語か?)に傾倒する諸兄にとっては最重要事項とも言える情報がいよいよ発表となった。そう、日本における『Fallout 4』のCEROレーティングの審査結果である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

『アイカツ!』156話の感想 [アニメ]

言葉に出来ない。

001.jpg


  
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

メルボルンIMAXシアターの旅 [映画]

WP_000041.jpg
オーストラリアはメルボルンにあるメルボルン博物館に隣接する「IMAX Melbourne Museum」。8月の21日から23日まで15/70mmフィルムによるリバイバル上映が行われたので急遽行く事になり、21日から25日まで4泊5日のスケジュールでの旅となった。

詳細はtogetterにまとめてあるのでこちらを参照して頂きたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る