So-net無料ブログ作成
検索選択

『アイカツ!』第133話における五十嵐達也のコンテ・演出について。 [アニメ]

25.jpg

作画や演出については門外漢なので基本的に記事は控えているのだが、書かずにはいられない位の衝撃だったので。


アーケード筐体であるアイカツのメインのターゲットは女子小学生、中学生。それがそのまま流れてくるTVアニメである本作も当然それらを想定した作りになる。小学生、場合によっては未就学児が観る事も当然考えられるので、いつ、どこで、誰が、何を考えて、何のために、何をするのか。本作に限らず朝や夕方の時間帯のTVアニメというのは多かれ少なかれ「子供向け」に制作されるものである。そのため深夜帯のTVアニメ作品に慣れている人間からするとこれらの作品の演出や脚本には物足りなさを感じる事も少なくは無い。特に善人だけで物語を紡ごうとしている本作の様な場合。

アイカツに限らず、子供向けのTVアニメ作品の演出や脚本においてそれらのコンテクストに依存しない、または馴染みの無い外部の人間が登用されるという事がたまにある。それらがどういった意図で行われているのかは知る由も無いが、多くの場合その登用は非常に効果的な作用を及ぼしている。

アイカツ133話において絵コンテと演出を担当した五十嵐達也(現:五十嵐紫樟)。私はこの人が担当した作品を殆ど観た事が無いのでどういった傾向の演出を行うのかは全く分からないのだが、今作を見る限りでは少なくともアニメーションにおける絵の演出というものを理解しているという事だけは良く分かった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

『file(N)-project PQ』ダンスアニメーションPVの演出について [アニメCG]

働くアイドル「P.IDL」の「チームI●」と東映アニメーションのコラボにより制作されているオリジナルアニメーション映画『file(N): project PQ』。その劇中のキャラクターの3DCGモデルによるダンスアニメーションPVが公開されている。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

『アイカツ!』第124話 北大路さくら「Blooming♡Blooming」におけるセルルック表現。 [アニメCG]

前回第123話 大空あかり「Blooming♡Blooming」における3DCGライブ演出の続き

前回書き忘れていた点があったので補足。

あかりのドレスの肩の部分は身体にめり込ませる形で表現されているので、肌との接地面でそのめり込みが顕わになってしまうのが気になってしまった。鎖骨の段差をみてもらうと良く分かる。肩の部分それ自体にある程度剛性はあるのだが脇の部分はモデルのめり込みが露骨に出てしまっている。こういった衣装の干渉設定は手間がかかるのだろうがここは特に接写していて目立つのでそこだけは残念だった。

第124話「クイーンの花」ライブパート
北大路さくら / 「Blooming♡Blooming」
フラワープリンスコーデ / Aurora Fantasy

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

『アイカツ!』第123話 大空あかり「Blooming♡Blooming」における3DCGライブ演出。 [アニメCG]

0.jpg先日放送された125話の時点で大空あかりの先輩であり前期の主人公でもあった星宮いちごが物語の主軸から実質的に退場する事となり、4月からはあかりを含めた中学生組の物語が本格的なスタートをみせる事となる。現在の主要メンバー4人に加えて新キャラも加わるとの事なのだが、アイカツというコンテンツの舞台装置として機能していた神埼美月的存在が不在の中この先どのような物語が紡がれていくのだろうか。そして服部ユウは一体どうなってしまうのか。

第123話「春のブーケ」ライブパート
大空あかり / 「Blooming♡Blooming」
サンベリーナブーケコーデ / Dreamy Crown

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

『Go!プリンセスプリキュア』3DCGモデルによるセルルック表現 [キュアトゥインクル編] [アニメCG]

[キュアフローラ編]
[キュアマーメイド編]

キュアマーメイド同様、トゥインクルもCGバンクカットは変身時と浄化時の二つとなっている。
星をイメージした様な黄色とオレンジ色を基調としたトゥインクルのデザインは三人の中で一番発色が良く、それは3DCGモデルにも表れている。しかし、この発色の良さがCG特有のエッジの立った質感をより強調してしまっているのでそれによる違和感も所々出てしまっている。

03 (1).jpg
ドレスアップキー差込時のアップのカットを見てもらうと分かりやすいと思うが、前髪の部分には影の処理が行われていない。手書きの部分を見てみると影の無いカットもあるがバンクカットでは基本的に影が書かれている。前髪に隠れた額の部分も含めて影の処理が省かれているという事はこれらは意図的に行われているのだろうが、そのせいで特にアップの時は前髪の質感に違和感を覚えてしまう。具体的にはハイライトによる光沢の強さと影が省かれた事による均一な色合いと発色の良さ、これらによって何だか前髪というよりワカメがくっ付いている様に見えてしまうのである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

『Go!プリンセスプリキュア』3DCGモデルによるセルルック表現 [キュアマーメイド編] [アニメCG]

前回『Go!プリンセスプリキュア』3DCGモデルによるセルルック表現[キュアフローラ編]

引き続きプリプリのセルルック表現について。
本題の前にキュアフローラの補足として書き忘れたので一つ。モードエレガント変身時にスカートが変化する部分のアクション3回ドカン(命名:大匙屋)が使われており、ここはカメラのカットと劇伴のタイミングを合わせているので観ていて非常に気持ちが良い。




最初の回転の瞬間、僅かにタメがある事とカメラのズームアップによってより勢いが付いておりアニメーターの力量が伺える。こういったマルチアングルのカットは手書きだとアニメーターの力量に完全に依存する上に非常に手間がかかるのだが(←受け売り)、3DCGの場合は勿論カット毎に調整が必要ではあるがアングルを変える事による手間は手書きよりも大幅に減るので作りやすくなる。3回ドカンは演出としてのインパクトが非常に強いので3DCGモデルを使用した作品にはうってつけだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

『Go!プリンセスプリキュア』3DCGモデルによるセルルック表現[キュアフローラ編] [アニメCG]

001.jpg
第5話の放送時点で主要メンバーとなるキュアフローラ、キュアマーメイド、キュアトゥインクルの三人が揃った『Go!プリンセスプリキュア』。第1話を観た時はその完成度の高さ、バランス感覚の良さに思わず三つ指ついて「お美事にございまする」みたいな状態になってしまった。戦闘力53万というのはこういう事なのか。

前作『ハピネスチャージプリキュア』の流れを汲むように本作でも本編中に3DCGモデルによるキャラクターの演出が挿入されるようになっている。モードエレガント変身から攻撃までの一連のバンクカットと「ごきげんよう。」の浄化カット。フローラだけは特別に第1話の変身時に3DCGモデルによるカットが挿入されている。バンクカットという点について言えばその使用方法はハピチャと同じなのだが本作プリプリでは意味合いが少々異なる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ DC』感想。 [アニメCG]

img014.jpg
アニメーション制作 - サンジゲン
原作 - Ark Performance『蒼き鋼のアルペジオ』(少年画報社)

動いているアルペジオの映像を今回漸く初めて観た。
ネット上でキャプチャされた画像を目にする事は何度もあったが、腰をすえてきちんと観たかったのでそれまでは動画は一切見ないようにしていた。というのも昨年の2月に放送が開始した『ハピネスチャージプリキュア』を観始めるまではアニメはおろかTVを全く見ない生活をおくっていて(というかTV処分した)、それ以前に放送されていたTVアニメは全く観れなかったからである。なので本作に関してはBDの全巻一気購入を考えていたのでそれまで動画での情報は我慢していた。で、購入を先送りしていたらいつの間にか劇場版が公開されていたので、内容が総集編という事もありどうせなら劇場でお初目にかかろうとなった次第。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

鹿目まどかのなりたかった「魔法少女」。 [アニメ]

0140401rt5afmgmvbdvr0095.jpg

前回「魔法少女まどか☆マギカ」全12話 感想」の補足。

まどマギでしこりが残ったモノがもう一つある。
まどかは自身の魔法少女へ契約の動機として「私みたいなのでも人の役に立てるなら」的な自己卑下を年上かつ先輩魔法少女であるマミさんに吐露していたが、命を懸けて魔女を退治するという使命を背負うにはその動機はあまりに弱すぎた。そして、それ以前の段階として「魔法少女」という言葉、概念が当たり前の様に使用されていた事に僅かな違和感を感じてもいた。

「魔女を退治する者」という物語上の説明や設定ではなく、まどマギにおける日常世界の中で魔法少女という言葉・概念がどのように理解されているのか。それが無いまま劇中の登場人物の誰もが当たり前の様に魔法少女という単語を口にしているので、当のまどか本人の中において「魔法少女」という言葉がどの様に理解されているのか、もっと言えば目の前にあらわれたマミさんと自身の中にそれまであった魔法少女という概念がどの程度違うのかが全く分からない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。