So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最近聴いている音楽 [音楽]

最近Beatportを良く利用している。元々ハウス系の音楽が好きで以前からトランスに興味はあったが曲の探し方がイマイチ分からず何となく放置していたのだが、このサイトを知ってからというもの割と買い漁る様に聴いている。Beatportはハウス系の音楽に特化した音楽配信サイトである。ハウス、ダンス、テクノ、エレクトロ、トランス等を中心にそれぞれのジャンル毎に数万曲(それ以上かも)程度の楽曲が配信されている。

このサイトを使うきっかけになったのはその使い易さだ。まずサイトが軽い。無駄な広告や動画アニメーションの類が無く音楽を買う事のみに特化しているため読み込みも早く何より視聴が物凄く便利なのである。常にサイトの下部に視聴用のバナーが出ておりいつでも視聴が可能になっており再生しながらページを移動しても曲が途切れないようになっているのである。視聴しながらカートに入れて決済まで出来るのは思わず感動してしまった。

今までにハイレゾ配信サイト等で曲を購入した事はあるがこんなにも音楽を聴いて購入するまでの流れが快適なサイトは初めてだった。ネット上での物を買うという行為におけるサイトの快適性、ユーザーインターフェイスが如何に重要かという事を私はBeatportで痛感してしまった。サイトが便利だと買い物が本当に楽しい。

Beatportは曲のタイトル、アルバム、作曲者、レーベル、ジャンル等でそれぞれ検索可能になっておりリリース日や曲のキー、BPM等も表示されるようになっている。自分の好きな楽曲の傾向なども分かるという事だ。そしてレーベルやアルバムが多数ある事によって大量の楽曲が存在しているため自分の好みの楽曲を探すという行為が非常に難しい。視聴は快適に出来るが兎に角楽曲の数が多いので総当り的に視聴を行っていかないと目当ての楽曲に行き着けないようになっている。気になった曲が合ったら作曲者のページに移動して楽曲の一覧から視聴を開始してアレンジャーが居ればそこからまた飛んで楽曲の視聴をしてー、という具合に視聴の幅は際限なく広がっていく。快適であるが故にそのアーカイブの膨大さに眩暈がしそうになる程。

なので今回はここ数ヶ月に亘って聴いてきた中で選び抜いたものを紹介しようと思う。下の楽曲は殆ど似た傾向のものばかりなのでどれか気に入れば大体ハマる筈だと思う。視聴が出来るのは基本的に楽曲の一番旨味の多い「間奏」部分となっておりどれもメロディアスなものに仕上がっている。因みにBeatportはmp3(320kbps)とAIFF、そして何とロスレスのWAVが全楽曲で選択できる標準仕様となっているのも非常にポイントが高い。もし圧縮音源のみの配信サイトだったなら使うことは無かっただろう。なお現在セール中だがBeatportは定期的にセールを行っているので今回買わなくともまた直ぐにセールが行われるのを待てば良い。大体月2回位セールがある。
Honeyview_dde67a37-80c7-4592-ad67-936856b2a56e.jpg




























nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

BABYMETAL夏の陣 サマソニ2016 ~君死にたもうことなかれ~ [音楽]

ogp.jpg
前回BABYMETALのライブを観にアメリカ西海岸へ渡った話。


日本には4大ロックフェスというものがある。

・FUJI ROCK FESTIVAL
・ROCK IN JAPAN FESTIVAL
・RISING SUN ROCK FESTIVAL

そしてSUMMER SONIC。
毎年夏が近づいてくると流れてくるTVCMで何度も耳にしていたから、ライブやフェスに興味の無かった頃の自分でも流石にこれらのフェスの名前くらいは知っていた。TVの画面の中で繰り広げられる、真夏の日照りの中ステージ上でパフォーマンスをするミュージシャンと共に歌い踊り騒ぐ無数の人々を眺めながら「こんな世界があるのか」と驚くと同時に、インドアな趣味に浸る自分には死ぬまで縁の無い世界だと当時は思っていた。好きなアーティスト、気に入っている曲は移り変われど音楽に対する興味は尽きなかったが、ライブを観るという行為以上にこの狂乱の様相を呈したフェスという空間に身を投じる気にはとてもなれなかった。あまりに場違いというか価値観が違いすぎてとてもついていけなかった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

SENNHEISER HD650の手入れについて [音楽]

81zggHtrqML._SL1500_.jpg
特定のヘッドホンを長期間使用するという習慣がなかったせいで私の頭の中には「ヘッドホンを手入れする」という概念・発想が無かった。なのでつい先日ふと何気なくヘッドホンの手入れについて調べてみたら驚いてしまった。

「ヘッドホンって掃除して手入れするものだったのか・・・。」

上位クラスのヘッドホンには交換用のイヤーパッドやヘッドバンドクッションが販売されており、ヘッドホンの手入れの概念が無かった私はてっきり交換以外の選択肢が無いものと思い込んでいたからである。そしてHD650の購入日を確認してさらに驚く。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アナと雪の女王 オリジナルサウンドトラック [音楽]

61pYatQIoGL.jpg
調べてみたら幾つかver.違いがあったので自分用も含めまとめてみる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「DUSTFORCE」 サウンドトラック [音楽]

3404002485-1.jpg.png
トレーラーを観た瞬間、反射的にサントラが欲しくなったPC専用2Dアクションゲーム「DUSTFORCE」。サントラ単体は$3.99と非常にお得であり公式サイトで視聴も可能なので気に入った人は購入してみては如何。なお、steamではサントラはDLC扱いなので本体を購入しないといけないので注意。

DUSTFORCE公式サイト

サントラの購入はこちらから



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「キック・アス」 サウンドトラック [音楽]

51yq110GcRL._SS500_.jpg
購入を後回しにして随分と放置していたがようやく購入。

4人のコンポーザーによって大量の楽曲が製作された本作。4つの個性に彩られた楽曲はどれも非常に印象的であり、個々のシーンの演出はそれぞれの楽曲がその半分を占めているといっても過言ではない。特に「かちこみ」シーンに流れる「荒野の用心棒」のテーマやボーカル曲「Bad reputation」等は曲に対してそのシーンが刷り込まれてしまう程の強烈な印象を残している。

劇中に使用された12曲のボーカル曲のサントラと39曲のスコアが収録されたサントラは本作を好きになった人ならば正に必聴もの。がしかし、ボーカル曲のサントラは各国のamazonでCD・mp3でそれぞれ販売されているが、39曲収録のスコアはamazon.UKでしか取り扱いがなされていない。mp3の販売は他国からでは基本的に購入できないので購入には少々手間がかかるが「やり方」を知っている人には是非ともお勧めしたいサントラである。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ドラッグ・オン・ドラグーン」サウンドトラック再販 [音楽]

全世界が熱望していた(と思う)「DOD」のサントラが何と再販される事となった、何でも今回のはユーザーの投票で決まったらしいのだが何とも嬉しい限りである。というかこのニュースを聞いたときはあまりの衝撃にしばらく固まってしまったほどで、「DOD」のサントラとはそれほどのモノだったのである。

まさかCD音質で「尽きる」が聴ける日が来るとは・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

PIONEER SE-M390 レビュー [音楽]

image04.jpg

以前新しいヘッドホンを購入した事を記事の中で記していたが、最近その事について検索ワードが引っかかっていたのでちょっとその事について記しておこうと思う(需要は無いだろうケド)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Live Earth Japan [音楽]

Live=生

生きる事。生きている事。生きていく事。

体感する事。

彼らの発する圧倒的なエネルギーを受けて、観客は狂喜乱舞し応える。そこには明らかに目には見えない「何か」が存在し、感じ取る事が出来た。

私はリンキン・パークの事をほとんど知らない。あるのはCMくらいだ。だから最初はさほど興味もなく見ていた、否見ようとしていた。そして、それを後悔した。気づけば、観客のあまりの盛り上がりに戸惑い、惹かれ、いつの間にか一体化している自分がいた。それがLiveなのか、彼らだからなのかは分からない。だが、虜になっていたのは確かだった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム